ALEXANDER PAREDES

 私は外国語を愛し、疲れ知らずの言語学を専攻し、翻訳業に従事しています。スペイン語は私の母国語であり、現在はバスク国在住です。大学での修士課程および大学院での課程において、フランス語、ドイツ語、日本語、そして英語に関する課程を専攻し、これらの言語の翻訳や通訳、そして教育を行うことに特化した技能を身に付けました。


大学教授としても従事し、また、日本で2回の機会に分かれて、文化相談役および通訳官、翻訳官として在日公館にて従事したことで、日本語や日本文化へのさらなる知識をより深く高めることが出来ました。

私は翻訳や新しい技術に関して情熱を注いでおり、これらの事柄に関しての情報の収集に努めています。自身が手掛けた文学を含む様々なテーマに関しての翻訳が公表および出版されており、いつでも最新の翻訳および位置情報ツールに関して情報や更新に努めています。マーケティング、文学、コンピュータ科学、工学、政治、宗教、映画や観光といった分野に精通し、業務を多く受注しています。

私の学歴や業務履歴について、もう少し詳細をお知りになりたい場合は、私のプロフィールであるLinkedIn または ProZ.comから照会することが出来ます。